IMG_5342

(左2つは京都:樋口養蜂園さん/右は北海道北見:菅野養蜂場さんの蜂蜜)

日本の蜂蜜、といっても当然味わいは植物によって違いますが、そうはいっても、やはり海外のはちみつなどを味わってくると、

蜂蜜にも日本らしさというものがあるような気がします。

なんというか、植物の風味の基礎に地味さがあり、お線香の芳香のような、あるいは、わびさびを知る風味というか、どうもそんな気がしています。

そして、ソバなどは特に例外として、後は基本的に薄めの色合い。


海外の蜂蜜というと、あっという間に濃い色の蜂蜜が増える気がするし、あるいは真っ白に近い色まであったり、とにかく幅が広い。味も地味ではなく、比較的、はっきりと個性の分かる味のような気が。

ある意味沖縄から北海道まで日本は非常に緯度の広がりが大きいのに、

もし、こうした日本の個性が蜂蜜にもあるとしたら、あまり感情的でない日本人の穏やかな性格というのは、やはり風土的なものなのだろうか・・・と思ってしまいます。

分かりませんが、どうもそう思わされます。