昨月は全くブログをかけなかったのに急に更新しています(笑)


草木のはちみつに店名を変更して2カ月、気分がとても良いです。

ハニールネッサンスは、名前はとっても素敵だったし、
我ながら、蜂蜜に対するビジョンが的確に表現されていたと思いますが、
名前にあまりにもパッションがあり過ぎ、私の行動力ではそのパッションに見合った結果が出せず、
ずっと自分でつけた名前に圧倒され、パンクしてしまっていたのです。(こんなことあるんですね笑)

また、私自身、ハーフなので、カタカナより、むしろ和名にあこがれがあったのですが、なかなか今のご時世、アルファベット系の方がスタイリッシュ、漢字だと固めの印象、というのが私の中にもあり、ついついアルファベット系の名称にしてしまったこともありました。

でも、心の中で和名に憧れていました。


草木のはちみつ

という名前が浮かんだときは、大変感動したのを覚えています。そして、確かに、素晴らしく心にしっくりと来ています。私を知る人はみんな「あなたのイメージにぴったり」と言ってくださり、アイデンティティ的にもやっと到達した感。嬉しい。


保育園児の頃、しゃがんで土に生えている草をじっと眺めていました。

そして、「こうしてみると、草も樹に似ているなぁ、小さい世界も大きい世界も、一緒なんだ」と新鮮な驚きとともに、深く認識したことを覚えています。

あの時の記憶は、その他の記憶がたくさん忘れられているにもかかわらず鮮明に覚えています。

自分の原点でもあるんだなと思うのです。

やっと、しっくりとくる名称にたどり着けて良かった。


そして、ハニールネッサンスという、圧倒されるほどパッションのきいた名前で3年ほど頑張ったからこそ、今の状態にも到達できたと思うので、少し自分のハードルを上げてくれた、この刺激的な名称にも感謝したいと思います!